toggle

陰陽五行説

東洋医学は、長い歴史をかけて伝承された未病を予防する医学です。

人体には、生命活動の基本要素でもある「気」「血」(津液)が全身にくまなく流れており、それぞれが肝臓・胃などの臓腑とつながっています。流れを正常に保ち、各臓腑の自然治癒力を最大限に高め、原因のわからない不調(未病)を予防する医学とされています。

 

<経絡(けいらく)と経穴(ツボ)>

生命活動に欠かせない気・血が流れる道は、【経絡(けいらく)】

滞りなく、スムーズに流れている場合は、体の流れが正常な状態とされています。もし、体のどこかに異常があった場合、その病状に関連した経絡に反応が出ます。その反応点の事を【経穴(ツボ)】と言います。

 

陰陽説

東洋医学でいう陰陽説とは、世の中のあらゆるものは「陰」と「陽」の2つのエネルギーで構成されているという思想です。太陽と月、昼と夜、男と女… というように、世の中のものを分類した時、二つのエネルギーは相対的であり、バランスが取れている状態がよいとされています。

 

五行説

次に、陰陽説は、自然界の様々な要素を、さらに「木・火・土・金・水」の5つにわけた考え方です。

5つの要素にはそれぞれ特徴的な性質があり、お互い助け合い、抑制しながら全体のバランスをとっています。肩こり一つにとっても、人それぞれ原因が違います。生活習慣も違えば、食べているものも違います。

東洋医学の大きな特徴は、人と自然を統一体とし、体の不調もある一部分だけが原因ではなく、全体のバランスから見るという考えが基にあります。

 

東洋医学の陰陽五行を基にした考え方と、西洋医学のリンパを融合したものが、経絡リンパトリートメントです。